おらが町の税理士

愛媛県松山市でイクメン税理士を目指すブログです。

独立・開業

新規独立開業(仕事は何を介してやってくるのか)

投稿日:

こんにちは、税理士のおぎーです。

 

今回は、新規独立開業(仕事は何を介してやってくるのか)

近くの公園へ花見

 

世の中そんなに甘くない

独立開業して4日目。

ブログを新たに書き始めて3日目。

新規で顧問契約しました!

とは、、、なりません笑

 

当たり前ですけど、新規で事務所を出したからといって急には売上げは上がりませんし、問い合わせなどの案件もこないです。

 

昔は、街中に看板を立てれば、黙っていても向こうからお客さんがやってくる時代もあったかも知れません。

しかし、今の時代は同じ地域に同業の税理士は沢山いますし、新規で開業したからといっても知らない人には

「あなた、誰?」

の状態です。

 

じゃあ、どうすれば良いの?

という話になります。

 

シンプルに考える

誰も知らないならどうすれば良いか?

答えは

「知ってもらう」

です。

 

ただ、知ってもらうにも方法は色々あります。

よく言われるものとして

・SNSで発信する

・異業種交流会などに参加する

・無料または有料のセミナーに参加する

があります。

 

①SNSで発信する

実際の看板という形ではないですが、今ではSNSで発信する事もできます。

SNSは主にFacebook、Twitter、Instagram、ブログ、メルマガなどです。

もちろんこれは不特定多数の人に向けて発信する事もできますし、特定の地域や仲間内に対して発信して、「知ってもらう」ことができます。

SNSを始めた当初はまずは間口を広げることが大事でありますし

広がったあとは住んでいる地域(実際に会って話ができる距離)などで

限定していかなければいけません。

 

ちなみに約1年間ブログを書き続けていて、緩やかにブログを見てもらっている人数が増えてきたという感じでした。

価格メニュー表なども作っていなかったので、メールなどでの問い合わせは

無かったのですが、実際お会いした方に人となりは理解してもらえる(信頼してもらえる)機会は増えました。

 

SNSで大事なことは、すぐに効果が出なくても続けること。

続けていることで、遠くからでも少しずつ仕事に繋がってくるといった感じです。

 

②異業種交流会などに参加する

こちらも少人数から大規模なものまで、異業種交流会に過去何度か参加してきました。

実際に参加した感想として、

相手に自分を知ってもらうことはできる。

ただし、すぐに仕事に繋がるか稀である。

ということです。

 

これはどちらかというと男女のお見合いと近いところがあるでしょうか。

結婚したい男女がいたからといって、その場で結婚が決まることは極めて稀です。

異業種交流会でも同じく、仕事の幅を広げたい、仕事を紹介して欲しいといっても

お互いが新規開業同士であれば、紹介できるお客さんも少なく、中々仕事に繋がらない。

異業種交流会に参加したからといってすぐに仕事に繋がるというのは実体験としてあまり期待しないほうが良いのかなと思います。

ただ、その後個別に2回、3回と会う機会があれば仕事の縁も確率として高くなってきます。

こちらも、異業種交流会に参加したからといってすぐに仕事に繋がると思わず、長い目で見て繋がりが持てるぐらい考え方の方がいいです。

 

③セミナーに参加する

自分を知ってもらうの3つ目は

セミナーに参加する

です。

 

関東、関西の都市圏であれ、四国などの地方都市であれ、「ちゃんと」探せばセミナーはいくらでもあります。

有料もありますし、無料もあります。

大事なのは自分が「勉強したい・学びたい」と思うセミナーに参加すべきですし、セミナーだけでなく懇親会まであれば「ちゃんと」懇親会まで参加して自分自身を相手に知ってもらうことが必要です。

 

ちなみに、1年以上前は、セミナーは「聞いて終わり」なものだと思っていました。

懇親会まで出る価値を見出せなかったのですが、

「自分自身を知ってもらう」には懇親会に出たほうが、講師の方に知ってもらったり、セミナーに参加した人と仲良くなれます。

意外にも、仕事で繋がろうとする異業種交流会よりもセミナー後の懇親会の方がフラットにお互い話せるので後々仕事に繋がってくるのはこちらだったります。

 

セミナーは「聞いて終わり」ではなく、「懇親会まで参加してセミナー」だと覚えておきましょう。

 

まとめ

新規独立開業(仕事は何を介してやってくるのか)

ですが、答えの一つは「人」です。

SNSなどはネットを介してですが、問い合わせをするのは結局「人」であったりします。

大事なことは「すぐに結果を求めないこと」

自分自身に焦りや、余裕がなければ、不思議なことにそれは相手に伝わります。

焦りや、余裕のない人に、しつこく勧誘されても、

「この人に、お金を払って仕事を頼もう」

とは思わないですよね。

 

そのために、独立前に入念な準備(お金面)が必要となってくるのですが、この辺りは新たに独立開業しても直ぐには売り上げが上がらない事が前提だったりします。

 

上で挙げたものも、「行動すること」「様々なことに取り組むこと」は大事ですが効果が出るのに3ヶ月から6ヶ月、長くて1年はかかると考えておく方が良いです。

 

【編集後記】

今日だけで、会計ソフト等の営業電話が3つ。すぐに断るものもありましたが春なので営業電話の時期ですね!

-独立・開業

執筆者:

関連記事

税理士事務所開業準備に必要なもの4選について

こんにちは、税理士のおぎーです。   今回は税理士事務所開業準備に必要なもの4選について   他のビジネスとの比較 新規で事業を開始する場合、開業準備というものがあります。 小売業 …

「伽藍を出て、バザールへ行こう」2018年4月1日に独立開業しました!

こんにちは、税理士のおぎーです。   初めまして、、、というよりお久しぶりです。 やっと自分のメディアに帰ってきました。   事務所前にて   2018年4月1日に独立開 …

独立したならひとり税理士の先輩に会ってみる(大阪編)

こんにちは、税理士のおぎーです。   今回は独立したてならひとり税理士の先輩に会ってみる(大阪編) グランフロン大阪にて   大阪へ ちょうど去年の7月ぐらいにひとり税理士の井ノ上 …