おらが町の税理士

愛媛県松山市でイクメン税理士を目指すブログです。

銀行融資、借入について

会社にとってのメイン銀行って何?

投稿日:2017年2月10日 更新日:

こんにちは、おぎーです。

 

担当の顧問先を回っていると社長から「うちのメイン銀行は〇〇銀行ですから」という事がよく聞きます。

法人にとってのメイン銀行って何なんでしょう。

 

メイン銀行とは

メイン銀行とは、一般的には会社の銀行取引の中心となる銀行です。

銀行取引には借入、預金、決済など色々ありますがその中でメイン銀行決定の核となるのは借入です。

会社の借り入れは銀行からの信用供与となり、銀行は会社に対して貸倒リスクを負うことになるからです。

会社が倒産して最も困るのは、融資残高が最大の銀行です。

したがって、通常は融資残高が最も多い銀行がメイン銀行となります。

 

ただし、融資残高が最も多い銀行がメイン銀行になるわけではなく、借入金残高は他の銀行より少なくても、メイン銀行になる場合もあります。

 

メイン銀行はこれまでの会社の歴史的経緯にどのように関わってきたかも重要な要素だからです。

過去に会社が困ったときに助けてくれた銀行がメイン銀行になっている場合もあります。

そうした銀行は、融資残高も少なくても、従業員の給与振り込みや社長の家族などの個人取引で密な取引をしていたりします。

 

 

メイン銀行は両想いが基本

メイン銀行は借入や預金などの数字だけで決まるものではありません。

双方の「想いや気持ち」も重要になってきます。

会社も銀行も共に「メイン」だと意識していることが大切です。

会社がメインだと意識していれば、大切な情報は真っ先にメイン銀行に伝えなければなりませんし、メイン銀行も重要情報を自分達は知らないのに、他行は知っているのでは、メインとしてのメンツが立ちません。

情報をどれだけ共有できるかが重要です。

 

 

まとめ

メイン銀行とは融資残高が最も多い銀行がメイン銀行となるのが基本的ですが、気持ちの部分も大きく左右してきます。

お互いがメインだと意識して決算期などや通期を通して情報交換していれば、仮に会社の資金が困窮した時もメイン銀行が率先して助けてくれる場合がほとんどなので、銀行と会社の関係は良好である必要があります。

 

【編集後記】

今日は早めに仕事を終えて、奥さん方の父母と共に外で食事。

普段なかなか会えないので孫娘に会えて、おじいちゃん、おばあちゃんも楽しそうでした。

 

-銀行融資、借入について

執筆者:

関連記事

銀行の創業融資①(独立を考えるなら外部からの借入も考慮しよう)

こんにちは、税理士のおぎーです。   今回は、銀行の創業融資(独立を考えるなら外部からの借入も考慮しよう)について 日本政策金融公庫の手引より   銀行の創業融資 事業を新たに開始 …

銀行融資において銀行が注目する所とは?

銀行借り入れの際の担保とは?

こんにちは、おぎーです。 今回は銀行借り入れの際の担保について。   銀行における保全とは まず、銀行側の話なのですが、法人等に対して貸したカネが返ってくるように貸出金の回収財源は事業から生 …