おらが町の税理士

愛媛県松山市でイクメン税理士を目指すブログです。

相続について

エンディングノートでは、「お金」は残せないを知っておこう

投稿日:2017年10月23日 更新日:

こんにちは、税理士のおぎーです。

 

今回は、エンディングノートでは「お金」は残さないを知っておこうについて

 

終活ブームのエンディングノート

相続関係のセミナーを受けたり、相続診断士として自分自身がセミナーをしたりする時に欠かせないのが

「エンディングノート」

 

度々、話題として出しているのですが

どうしても相続の話を一般の方に話そうとした時に相続対策のテクニック的なことや遺言書について話をしようとした時に、相続についてあまり知識がない方を対象とした場合、専門的な話をするのは聞き手にとってもハードルが高かったりします。

 

あるいは、話は分かるけど、自分自身に置き換えた場合は、専門家の意見を聞かずに遺言書等を作成することはやはり難しかったりします。

 

そういった場合に、出来るだけ個人個人が相続に対してまず「出来る」事として、

就活のための整理ができる書き込み式書籍としての

エンディングノートは有効なんですね。

 

ただ、注意点はせっかく書いたエンディングノートは法的効力がない事

これは伝える側としても念を推して伝えなければなりません。

エンディングノートは自分の日記帳や手紙と同じですと。

 

極論すればエンディングノートでは

あなたの大切な家族に「お金」を残すことができないのです。

 

じゃあエンディングノートを書くことは無駄なんですか?

と言われると、無駄ではないと答えます。

 

エンディングノート書いて終わり、先にあるもの

エンディングノート自体は、法的効力はないですが、

「自分の考えの整理に使うもの」

として大切なものです。

 

自分の人生と向き合い、人生の棚卸しをする事は、終活をする上でも大切なことの一つです。

 

ある顧問先のお客さんも、自分の人生を振り返りながら話をされていた時はやはり楽しそうに話をされていました。

既に亡くなった旦那へ

子供達へ

孫たちへ

 

それぞれにエピソードがあり、大切な思い出です。

そういった

「思いの整理」

をエンディングノートを通じて作成した時に、初めて具体的な対策に入る前の下準備ができるのかなと思います。

 

相続時に問題が生じる可能性が具体的にあればそれに対して対策を打ちます。

 

ただ、多くの方は問題意識を持っていないのですから、まずは

「想いの整理」で下準備をしたうえで

「誰に何を残すのか」

を具体的に考えるのが大切です。

 

そういった意味で、エンディングノートを書く意味は非常に大きな意味を持ちます。

 

エンディングノート=法的効力がない

事を知った上で、書いた後のその先を見る大切さが必要かと思います。

 

 

まとめ

エンディングノートの書く意味。

想いの整理が大事であり、それができた上で初めて将来の相続について考える下準備ができます。

 

書いただけでは、お金は残せませんが、その先に繋げる重要な役割を果たしています。

 

【編集後記】

週末は四国は台風一過。

住んでいる家も台風で夕方に1時間ほど停電になりました。

停電中の娘(2歳5カ月)の恐がりようは微笑ましいものがあります^_^

 

 

-相続について

執筆者:

関連記事

預金が引き出せない?実は怖い相続時の預金凍結の話

こんにちは、笑顔相続アドバイザーのおぎーです。   今回は相続発生時の預金凍結について。     相続時の預金口座の凍結 相続発生時に亡くなった人の銀行等の預金口座につい …

「連年贈与」についての間違った都市伝説

こんにちは、税理士のおぎーです。   今回は「連年贈与」についての間違って都市伝説について     そもそも「連年贈与」とは 将来多額の相続税を支払うことになりそうな、賃 …

相続における借入債務と銀行側の介入

親が認知症等となった後の生活や財産の管理について

こんにちは、おぎーです。   今回は親が認知症等となった後の生活や財産の管理について     成年後見制度について 成年後見制度とは、認知症や知的障害などが原因で判断能力 …

銀行での相続手続き(実は面倒な貸金庫の開扉手続き)

こんにちは、おぎーです。   今回は相続が発生した場合の銀行での相続手続きについて   相続発生時に銀行での手続き 相続が発生した場合は相続発生の事実を銀行に伝えなければなりません …